旅行記 Index   ロゴ
マケドニア語
旅会話の素
マーク 文字と音
 マケドニア語の文字と音についてまとめます。
 マケドニア語はキリル文字を用います。文字は全部で31個あり、大文字と小文字を区別します。ロシア語のキリル文字とほとんど同じですが、一部、異なる文字があります。
1. 母音文字
 母音は以下の5つです。文字はロシア語と同じです。
А   а:[a]
Е   е:[e]
И   и:[i] 母音イです。
О   о:[o]
У   у:[u] 母音ウです。
2. 子音文字(および半母音)

 ロシア語の文字と異なるもの
 マケドニア語にはロシア語と異なる文字が7つあります。ロシア文字を知っている人の便宜のために、まずはロシア文字と異なるものを挙げてみます。

— ロシア語の文字と異なるもの —
キリル英字
発音
Јјj
半母音。ロシア語のйに相当
Љљlj
[l]の軟音。Lのリャ行の音。露語のльに相当
Њњnj
[n]の軟音。ニャ行の音。露語のньに相当
Ѕѕdz
[dz](ヅァ行)の音。ц [ts] に対する有声音(濁音)。
[s]ではない。
Џџ
[dʒ](ヂャ行)の音。ч [tʃ] に対する有声音(濁音)。
英語のjに近い。ж [ʒ] のジャ行の音との違いに注意したい。
Ќќkj
キャ行またはチャ行の音。
Ѓѓgj
ギャ行またはヂャ行の音。
 
軟音:通常の音(硬音)に小さい「ャ」「ィ」「ュ」「ィェ」「ョ」または半母音[j]が加わった音。マケドニア語の軟子音(軟音の子音)は上記 љњ の2つしかない。
љ, њ, џ の文字はセルビア語にもあります。

 文字の一覧
 一覧表を示してもわかりにくいと思われるので、英語のアルファベットに対応した表を示します。英語にない音は適当な位置に入れています。マケドニア語のアルファベット順ではないのでご注意ください。
 調音位置から探したいときはこちらをクリックしてください。☞ 調音位置の順で表示するアルファベット順で表示する

— 子音字のまとめ —
(英語のアルファベット順)
 キリル  
説明
bБб[b]
čЧч[ʧ]
チャ行の音。英語のchに近い。
dДд[d]
ギリシャ文字のデルタ(Δ)に対応。
fФф[f]
ギリシャ文字のファイ(Φ)に対応。
gГг[g]
ギリシャ文字のガンマ(Γ)に対応。
gjЃѓ[gj]
ギャ行またはヂャ行の音。
hХх[h]
žЖж[ʒ]
ш [ʃ] に対する有声音。ジャ行の音。仏語のjの音に近い。
Џџ[ʤ]
ч [ʧ] に対する有声音。ヂャ行の音。英語のjの音に近い。
kКк[k]
kjЌќ[kj]
キャ行またはチャ行の音。
lЛл[l]
ギリシャ文字のラムダ(Λ)に対応。
ljЉљ[lj]
Lのリャ行の音。л [l]に対する軟音。
mМм[m]
nНн[n]
[h] ではなく [n] の音です。
njЊњ[nj]
ニャ行の音。[n]の軟音。
pПп[p]
ギリシャ文字のパイ(Π)に対応。
rРр[r]
[p] ではなく [r] の音です。ギリシャ文字のロー(ρ)に対応。
sСс[s]
つねに [s] の音です。
šШш[ʃ]
シャ行の音。英語のshに近い。
tТт[t]
cЦц[ʦ]
ツァ行の音です。
dzЅѕ[ʣ]
ц [ts] に対する有声音。ヅァ行の音。[s]ではありません。
vВв[v]
[b] ではなく [v] の音です。
jЈј[j]
半母音。ロシア語のйに相当
zЗз[z]
 
(調音位置の順)
 キリル  英字
説明
唇音
[p]Ппp
ギリシャ文字のパイ(Π)に対応。
[b]Ббb
[m]Ммm
[f]Ффf
ギリシャ文字のファイ(Φ)に対応。
[v]Ввv
[b] ではなく [v] の音です。
 
歯茎音
[t]Ттt
[d]Ддd
ギリシャ文字のデルタ(Δ)に対応。
[n]Ннn
[h] ではなく [n] の音です。
[s]Ссs
つねに [s] の音です。
[z]Ззz
[ʦ]Ццc
ツァ行の音です。
[ʣ]Ѕѕdz
ц [ts] に対する有声音。ヅァ行の音。[s]ではありません。
 
後部歯茎音
[ʃ]Шшš
シャ行の音。英語のshに近い。
[ʒ]Жжž
ш [ʃ] に対する有声音。ジャ行の音。仏語のjの音に近い。
 
硬口蓋音
[ʧ]Ччč
チャ行の音。英語のchに近い。
[ʤ]Џџ
ч [ʧ] に対する有声音。ヂャ行の音。英語のjの音に近い。
[nj]Њњnj
ニャ行の音。[n]の軟音。
 
軟口蓋音
[k]Ккk
[g]Ггg
ギリシャ文字のガンマ(Γ)に対応。
[kj]Ќќkj
キャ行またはチャ行の音。
[gj]Ѓѓgj
ギャ行またはヂャ行の音。
[h]Ххh
 
流音
[r]Ррr
[p] ではなく [r] の音です。ギリシャ文字のロー(ρ)に対応。
[l]Ллl
ギリシャ文字のラムダ(Λ)に対応。
[lj]Љљlj
Lのリャ行の音。л [l]に対する軟音。
 
半母音
[j]Јјj
半母音。ロシア語のйに相当
 

〔補足〕
 母音扱いの р [r]р [r] が子音に挟まれて「子音+ р [r]+子音」になるとき、р [r] の前に曖昧な音が入って「アル」や「ウル」のように発音されます(成節化というらしい)。条件によってはアクセントをもつことがあります。例:прст, црква, прв
 また、成節化する р [r] が語頭や語幹の頭に現れる場合、前にアポストロフィーが付きます。例:'рж, за'ржи
 語末の有声子音:語末の有声音の子音は対応する無声音に変わります(無声化します)。
 逆行同化:連続する子音に有声音と無声音が混在する——たとえば、有声子音+無声子音の——とき、最後の子音の有声・無声に影響されて、連続するすべての子音が有声音または無声音になります。つまり、有声子音+有声子音や、無声子音+無声子音などになります。この現象を逆行同化(regressive assimilation)といいます。

3. アクセント
 アクセントは後ろから3番目の音節に置かれます。接尾辞が付く場合もその状態で後ろから3番目の位置になります。外来語には必ずしもこれに従わないものがあります。単音節や2音節の場合、アクセントは語頭に来ます。
 例:продавач, продавачи, продавачите
〔参考〕
『マケドニア語基礎1500語』中島由美、大学書林、1983年
『Macedonian』(3rd Ed.) Christina E. Kramer et al, 2011
『スラヴ語入門』1.4.2, 1.4.3, 3.3.5 三谷惠子、三省堂、2011年
『Eastern Europe phrasebook』(3rd Ed.) lonely planet, 2001

 軟音について:
 軟らかくするということ・改

初版: 2013.7.06
1.1版:7.08